横浜市神奈川区の谷川歯科医院は東神奈川駅から徒歩1分

スタッフ紹介

副院長

<歯学博士> 小林 一久

副院長

 

ごあいさつ

 

こんにちは。谷川歯科医院 副院長の小林一久です。

 

歯科医院に来院される患者さまの多くは不安を抱えていらっしゃいます。私自身、幼い頃に不安を抱えながら歯科医院へ通ったことは今でも記憶に残っています。そのため、患者さまにしっかりと丁寧に説明し、そういった不安を解消して治療を受けていただくことを第一に考えています。

 

私は大学病院在籍中には歯科補綴学(被せ物や入れ歯)を専門的に学んでいました。
中でも特に審美歯科を得意としていますので、歯をきれいに治すことにこだわりをもって治療をしています。
また、予防を重要と考え予防歯科にも力を入れています。

 

私たちがお口の健康を維持できるようサポートすることで、皆さまが健康で快適な生活を送るための手助けになればと思っています。
お口に関する悩みや疑問などありましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

【略歴】

2005年 日本大学歯学部 卒業
日本大学歯学部付属歯科病院クラウン・ブリッジ科 入局
2006年 日本大学大学院歯学研究科 入学
2010年 日本大学大学院歯学研究科 修了
日本大学歯学部付属歯科病院クラウン・ブリッジ科 専修医
日本大学歯学部付属歯科技工専門学校 兼担講師
2011年 日本大学歯学部付属歯科病院クラウン・ブリッジ科 退局
2011年~2013年 シマデンタルクリニック 勤務
2011年~現在 日本大学歯学部歯科補綴学第3講座 兼任講師
2013年~現在 谷川歯科医院 勤務
2015年 谷川歯科医院 副院長に就任し現在に至る

 

【所属学会等】
 ・ 日本補綴歯科学会 会員
 ・ 日本口腔インプラント学会 会員
 ・ 新潟再生歯学研究会 会員
 ・ スタディグループ Esthetic Explorers 理事

 

【原著論文】

  1. Komine F, Kobayashi K, Blatz MB, Fushiki R, Koizuka M, Taguchi K, Matsumura H. Durability of bond between an indirect composite veneering material and zirconium dioxide ceramics. Acta Odontologica Scandinavica, 71(3-4), 457-463, 2013
  2. Kobayashi K, Komine F, Blatz M, Saito A, Koizumi H, Matsumura H. The influence of different priming agents on the short term bond strength of an indirect composite veneering material to zirconium-dioxide ceramic. Quintessence International, 40(7), 545-551, 2009
  3. Komine F, Kobayashi K, Saito A, Fushiki R, Koizumi H, Matsumura H. Shear bond strength between an indirect composite veneering material and zirconia ceramics after thermocycling. Journal of Oral Sience, 51(4), 629-634, 2009
  4. 小峰太, 小林一久, 齋藤文子, 松村英雄. アルミナセラミックスを用いたラミネートベニア修復. 歯科審美, 21(1), 20-25, 2008
  5. Iwai T, Komine F, Kobayashi K, Saito A, Matsumura H. Influence of convergence angle and cement space on adaptation of zirconium dioxide ceramic coping. Acta Odontologica Scandinavica 66(4), 214-218, 2008
  6. Komine F, Iwai T, Kobayashi K, Matsumura H. Marginal and internal adaptation of zirconium dioxide ceramic copings and crowns with different finish line designs. Dental Materials Journal 26(5), 659-664, 2007

 

【雑誌掲載】

  1. 小林一久. 捻転歯に対する前歯部審美歯冠修復. ザ・クインテッセンス, 32(9), 172-175, 2013
  2. Frank M.Spear, Vincent G.Kokich, David P.Matthews, 小峰太, 小林一久. The Esthetic Management of a Severe Isolated Periodontal Defect in the Maxillary Anterior 上顎前歯部における垂直性骨欠損に対する審美的マネージメント. 補綴臨床, 44(3), 278-284, 2011

 

勤務医

<歯学博士> 小林 志保子(旧姓:谷川)

勤務医

 

【略歴】

2007年 日本大学歯学部 卒業
2007年~2008年 日本大学歯学部付属歯科病院研修診療部 勤務
2008年 日本大学大学院歯学研究科 入学
2012年 日本大学大学院歯学研究科 修了
2012年~2013年 日本大学歯学部付属歯科病院クラウン・ブリッジ科 専修医
日本大学歯学部付属歯科技工専門学校 兼担講師
2012年~現在 谷川歯科医院 勤務

 

【所属学会等】
 ・ 日本補綴歯科学会 会員
 ・ 硬組織再生生物学会 会員

 

【原著論文】

  1. Nakayama G, Aida Y, Watanabe Y, Honda K, Tanigawa S, Maeno M, Matsumura M, Suzuki N. Influence of compressive force and IL-1β on metabolism of the extracellular matrix in human chondrocytes. Journal of Hard Tissue Biology, 21(3), 217-230, 2012
  2. Aida Y, Honda K, Tanigawa S, Nakayama G, Matsumura H, Suzuki N, Shimizu O, Takeichi O, Makimura M, Maeno M. IL-6 and soluble IL-6 receptor stimulate the production of MMPs and their inhibitors via JAK-STAT and ERK-MAPK signalling in human chondrocytes. Cell Biology International, 36(4), 367-376, 2012
  3. Tanigawa S, Kawato T, Aida Y, Suzuki N, Ochiai K, Matsumura H, Maeno M. Interleukin-17F down-regulates the plasminogen/plasmin pathway in chondrocytes. Journal of Hard Tissue Biology, 20(3), 195-202, 2011
  4. Tanigawa S, Aida Y, Kawato T, Honda K, Nakayama G, Motohashi M, Suzuki N, Ochiai K, Matsumura H, Maeno M. Interleukin-17F affects cartilage matrix turnover by increasing the expression of collagenases and stromelysin-1 and by decreasing the expression of their inhibitors and extracellular matrix components in chondrocytes. Cytokine, 56(2), 376-386, 2011

 

院長

谷川 省三

院長

 

【略歴】
 ・ 東京医科歯科大学歯学部 卒業