あいうべ体操マスターコース

こんにちは。谷川歯科医院 副院長の小林一久です。

みなさんは『あいうべ体操』をご存知ですか?

あいうべ体操はみらいクリニックの院長である内科医の今井一彰先生が考案した体操で、舌の筋肉を鍛えることにより口呼吸を鼻呼吸に改善するための体操です。

今回、私はこのあいうべ体操のマスターコースに参加しました。

日々患者さんを診ている中で、口の中が乾燥している患者さんはむし歯予防や歯周病予防を指導しても改善が難しいことがあります。
また、自分の子供がぽかんと口を開けているのを見るとむし歯や歯肉炎だけでなく歯並びへの影響も気になって、なんとか閉じさせたいという気持ちになります。

そういったこともあって、あいうべ体操に興味を持って本を読んだり調べているうちにマスターコースの存在を知り、受講することに決めました。

 

マスターコース受講者は歯科医師、薬剤師、看護師など色々な業種の方が集まっていました。

薬剤師の方は「患者さんへの薬剤の無駄な処方を減らしたい」、歯科医師の方は「予防することで歯を削ることをできる限り減らしたい」、など熱い気持ちを語っていて、みんな分野は違えど同じ目標に向かっていると感じました。

今井先生自身も元々はいかに患者さんが病院に来なくて済むようするかを考えてあいうべ体操を考案したそうで、とにかく講演者、受講者ともにコースに参加しているみなさんから「予防したい」という気持ちを強く感じました。

続きを読む →

シェア

お子さんのむし歯予防のために②

こんにちは。谷川歯科医院 勤務医の小林志保子です。

前回、前々回とむし歯についてお話してきました(→ 『お子さんのむし歯予防のために①』、『どうやってむし歯ができるのか?』)が、今回はさらに食生活とむし歯についてお話したいと思います。

前回、むし歯のリスクファクターに食生活があるとお話しましたが、具体的にはどういうことでしょうか。

下のグラフは規則正しい食生活をする人のプラークのpHの変化と、食生活が不規則な人のプラークのpHの変化を比べたものです。

規則正しい食生活、飲み物は水かお茶
不規則な食生活、甘い飲み物も飲む

グラフの青い部分が再石灰化が起こる領域、赤い部分が脱灰が起こる領域、黄色は乳歯において脱灰が起こる危険性が高い領域です。

2つのグラフを見比べてみると違いは一目瞭然です。

下の不規則な食生活のグラフの方は脱灰がおこる頻度と時間がかなり長くなっていることが分かると思います。また、再石灰化が起こる時間が規則正しい食生活のグラフと比べて少ないことも分かります。

乳歯だと黄色い部分も脱灰が起こる危険性が高いので、さらに脱灰の量が増えます。

むし歯は脱灰に再石灰化が追い付かなくなった時にできるので、不規則な食生活ではかなりリスクが高くなるのです。

続きを読む →

シェア