体に優しい光殺菌治療

こんにちは。谷川歯科医院 勤務医の小林です。

当院では最近『光殺菌治療』という治療法を導入したので、今日はそれについて少し触れたいと思います。

みなさんは光線力学的治療法(photodynamic therapy:PDT)というのをご存じですか?

近年、医科の分野で早期がんなどの治療法として注目されています。

PDTはがん組織に集まる性質のある光感受性物質(光に反応する物質)というものを患者さんに投与して、その光感受性物質が集まっている部分にレーザー光を照射をすることでがん組織を攻撃して治療するそうです。

光感受性物質はレーザー光を照射されると化学反応を起こして活性酸素を大量に発生し、その活性酸素ががん細胞を攻撃します。

同じようなメカニズムを利用した治療法が、ここ数年の間に歯科で広まってきています。

それが『光殺菌治療』です。

細菌感染した部分に光感受性物質の入ったジェルを注入し光を照射すると、化学反応により発生した活性酸素が細菌を攻撃して殺菌するというものです。

この方法は痛みがないことに加え、抗生物質を使用しないため、副作用がなく耐性菌を作ることもないのが大きな利点です。

急性期の症状緩和や予防的治療などにとても有効な方法です。

詳しくはホームページに掲載していますので、そちらをご覧ください(→ 谷川歯科医院ホームページ『光殺菌治療』)。

『光殺菌治療』は、これだけでなく、他の治療も併せて行うことがとても重要です。

また、この治療法が適しているケースとそうでないケースがあるので、詳しくは担当医にお尋ねください。

シェア